自分軸:出口の見えない長いトンネル・・・|自己啓発コラム

コラム

出口の見えない長いトンネル・・・

ポーラスタープログラムsession7のマスターの講義を聞いて、私はハッと思い出したことがありました。

今から5~6年前に私の昔の友人から届いた1通の手紙の内容。

「私は、今出口の見えない長いトンネルの中を一人歩いているような気分」
「苦しくて、しんどくて、いつ出られるか分らないトンネルの中でさ迷っているように感じる。」

この先、光や希望が見いだせないと・・・・

私は、その手紙の中の言葉にドキっとさせられ
彼女が無明の中で一人悩み苦しんでいる様子に心が痛みました。

その時、私は励ましの手紙と一緒に
彼女の悩みの解決の糸口になることを願って
マスターの音声CDを彼女に送りました。

遠方に住んでいるので、その後、彼女とはあまり連絡が取れなかったんですが
それから1年くらい過ぎて、
私が送ったCDは、聞かないままに、送り返されて来たのです。

そのまま月日が過ぎて・・・音信不通の状態が続いていたのですが。
去年の夏、久しぶりに彼女と連絡が取れて、
10年ぶりに友人に再会することが出来たのです。

話を聞いてみると・・・
彼女は聞いたこともないような
自己免疫疾患の難病を患ってしまったようです。

今はいい薬が見つかって症状は落ち着いているけど
一時期は大変で、食物アナフィラキシーの発作で
呼吸困難になって何度も倒れて入院したと言っていました。

彼女は出口の見えない長いトンネルの中でさ迷って、
とうとう難病になってしまったのです。

彼女は、いつ発作が起きるか分からないという
不安と恐怖の中で今を生きています。

改善策があるよって伝えてあげても・・・
「幸せ回避症」が邪魔してなかなか受け入れてくれません。
「幸せ回避症」って?⇒こちらは厄介な病気のようなものだから・・・

健康の悩み・人間関係の悩み・子育ての悩み・恋愛の悩み・お金の悩み・・・
今、世の中の多くの人が
色んな問題を抱えて苦しみの中で生きています。

「ほとんど人は無明に始まり無明に終わる。」
無明とは、人間が根本的に持っている無知のことです。
人生における人間の苦しみは、
すべてこの無明(無知)から始まると釈迦の教えの中にあります。

どう生きていったらいいのか?
どっちを向いて生きていったらいいのか?
何を信じて生きていったらいいのか?

無明(無知)のままだったら
いつまでたっても、自分の判断基準を持つことが出来ないのです。

光明を得ることが出来れば・・・
例え困難な事が起きたとしても希望の光を見出して
光に向かって進んで行くようになります。

自分の中にしっかりとした自分軸が出来てくるので
自分の判断基準に自信がもてるようになります。
自分自身に自信が持てるようになります。

音声聴き込みトレーニングで、
自己の中心に、不安も恐怖も心配もない、しっかりとした自分軸を据えましょう。




一覧へ戻る

潜在能力開発教室の主なサービス内容

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい!090-2801-7631

INFORMATION

潜在能力開発教室
〒759-6303 山口県下関市
豊浦町大字宇賀7840-1
潜在意識の能力開発!自己啓発プログラムで新しい自分に変わって新たな一歩踏み出しませんか?
お問い合わせはこちら 090-2801-7631 電話受付時間 9:00~19:00 定休日 火曜日
メールは24時間受付中! Mail Form

「無料メール講座」

これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾♪
~お父さん塾プログラムを受講中の皆様へフォローメールとして~
~お父さん塾プログラムに関心を持ってくださった方へ~
これを読むと学習効果が倍増する!そんなメール講座です。

これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by
メール配信システム オレンジメール