自己啓発の学びを始めた人が陥りやすい罠からの脱却法:潜在能力の開花とは、潜在意識を自分の味方に付ける事です。|自己啓発コラム

コラム

潜在能力の開花とは、潜在意識を自分の味方に付ける事です。

それは、やるべき事に「やりたくて」邁進出来る気分が湧く「強者の質と智慧」を啓く事です。

潜在意識からの気分や感情というモノは、意識して与える言葉とイメージでコントロール出来ます。

潜在意識のコントロールとは、常に前もっての準備です。
それは快なるイメージと言葉です。
自責の念や人の目を気にする事は、すべき事を目の前にしてやる気を削ぐ元凶です。

昨日まではリハーサルなのです。
人間の細胞は毎日生まれ変わっているのです。
いつでも、「今がスタート!」なのです。

人間は、いつでも何処まで行っても成長のプロセスなのです。
出来ない事・知らない事だらけなのです。
出来てなかったら、そして知らなかったら、今、学べばいいではないですか!

出来てなかったから、そして知らなかったから今学ぶのです。
出来る出来ないの結果ではなく、努力しようと考えている自分を評価して下さい。

その様に潜在意識に今までの状態に許しや許可を与え、そしてこれからの命令や指示を与えて下さい。

大切なのは自分を応援するイメージです。
自責しなければ、潜在意識はコロッと気分を変えてくれますよ。

自分を徹底的にやっつけないと気が済まない人がいたりしますが、勘違いの悪循環に嵌っています。

大なり小なり、多くの人が抱えている「自己嫌悪」もマイナスの思考習慣の弊害に気付いていないから起こっている現象です。

その憎らしい自分・・・その「汝の敵を愛せよ」とイエスは教えています。
そして、「汝の敵は汝の胸中に有り」とも言っているではないですか。

敵として憎んで対立するから益々、内なるモノが、自分に抗うのです。
愛すれば、それは自分の味方になってくれます。

そうすると自分が大好きになって来ます。
そうしてイエスの「我を信じる者、我以上の業を為さん」・・・
つまり、自分を信じる者は自分以上の実力が出て来ますよ、という言葉が成就して来るのです。

潜在意識は、良心は知っているのにアタマが「出来ていない」と判断したら「自責の嫌な気分」を出す事がパターンに成っているのです。

それは単にメカニカルな反応です。
出来てない事に出会ったら、自責では無く応援を与えましょう。

成功したり幸せに成る人は、苦しい時こそ、自分を責めたりなどせず、自分を許したり応援したりするのです。
ご存知でしたか?

人それぞれ、思考習慣とはそういうモノです。
どちらが得をするか考えましょう。

この理に反論するのは自由ですが、自分を責め抜くその結果は自殺か統合失調を迎えるかです。

要注意です。

今の自分を認めて笑ってそこからスタートです。
過去の自分が笑える事が有りますね。

それと同じ様に、将来の自分が今の自分を笑っている事を想像するのです。
そして、今日の一歩を頑張って、ケチは早く過去形にしましょう。

潜在意識は、現実とイメージの区別も付かないし、時間の観念もさっぱり有りませんから、これはよく効きますよ。

自分に「私は幸せに成る」と断定、もしくは「私は幸せになってもいいんだ」と何度も許可を与えて下さい。

この思考習慣が完全に自分のモノになるまで反復しましょうね(*゚▽゚*)

一覧へ戻る

潜在能力開発教室の主なサービス内容

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい!090-2801-7631

INFORMATION

潜在能力開発教室
〒759-6303 山口県下関市
豊浦町大字宇賀7840-1
潜在意識の能力開発!自己啓発プログラムで新しい自分に変わって新たな一歩踏み出しませんか?
お問い合わせはこちら 090-2801-7631 電話受付時間 9:00~19:00 定休日 火曜日
メールは24時間受付中! Mail Form

「無料メール講座」

これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾♪
~お父さん塾プログラムを受講中の皆様へフォローメールとして~
~お父さん塾プログラムに関心を持ってくださった方へ~
これを読むと学習効果が倍増する!そんなメール講座です。

これからの時代をパワフル&ハッピーに生きるためのお父さん塾♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by
メール配信システム オレンジメール